Welcome!

日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド

リストに戻る

1年以上
以前、日本からも通学可能なEMBAプログラムということで、アジアやヨーロッパのプログラムを中心にリストアップさせていただきましたが、今日は日本に住んで仕事をしながらでも通学可能でフルタイムと全く一緒のMBAの学位が取得可能なアメリカのトップスクールのプログラムをいくつかリストアップしてみたいと思います。

1.Wharton EMBA Program - San Francisco Stream
Wharton のMBAがサンフランシスコで取得できるこのプログラム。1ヶ月に2回から3回(週末が中心)サンフランシスコキャンパスに通う必要があるが、アジアから飛行機に乗って通っている学生も数人程度いる。入学するにはGMATやTOEFLが必要でフルタイムと同じようなRequirementを課しているこの過酷なプログラム。授業は週末中心なので、飛行機での移動が苦痛にならないエグゼクティブには十分通学可能なプログラム。

2.UC Berkeley Haas School of Business - Berkeley MBA for Executives program
アジアで知名度の高いUCバークレーのEMBAプログラム。卒業後は、Whartonと同様にフルタイムと一緒の学位が授与される。こちらのプログラムも1ヶ月に1回~2回キャンパスに通う必要があるが、学費US$159,000の中には、ホテル滞在費も含まれているため授業の度にホテルを探す必要がないので勉強に集中できる。こちらのプログラムも入学に際し、GMATやTOEFLは必須となっている。

3.Duke University Fuqua School of Business - Global Executive MBA
Appleのティム・クックCEOも卒業しているDukeのMBAプログラム。このGlobal Executive MBAの授業は対面とオンラインのミックス。授業は、約3か月に一回約2週間の授業を様々なロケーションで受講するというスタイル。その他の時間は自習やオンラインでの学習。こちらのプログラムも学費の中に、滞在費(ホテル代)が含まれている様子。卒業後は、DUKEのMBAの学位が授与される。

4.The University of Chicago Booth School of Business - EMBA program
このブログの著者も通ったシカゴ大学のEMBAプログラム。キャンパスがシカゴだけでなく、香港やロンドンにもありフルタイムと全く同じMBAの学位が取得できるプログラム。日本から通うとなれば香港キャンパスが一番近くて現実的だろう。日本人も毎年コンスタントに入学しているので、説明会も年に数回日本で開催されている。キャンディデートのプロフィールによってはGMATやTOEFLを受ける必要がある場合もある。

5.UCLA NUS Executive MBA Program
このプログラムは、アメリカのUCLAとシンガポールのNUSとのジョイントプログラムだが、卒業後は両校のMBAの学位をもらえるということでこちらにリストアップ。プログラムの半分をシンガポールで、残り半分をUCLAでというようにわかれており、日本人の入学者も毎年1~2人はいるようだ。


EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide

ジモモ 香港

日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド

作者:embaguide

日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド

7日 211 総合 383 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



embaguideさん新着記事



過去記事

embaguideさんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 Love Life 香港!
4位 家賃高いよ、香港生活
5位 Am-am-ho   ちょうどいいって心地いい
6位 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記
7位 香港の隠れ家サロン ベネッセンス
8位 香港生活奮闘記


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録