Welcome!

楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図

2日前
17日から21日(一部19日まで)湾仔にあるコンベンション&エキシビションセンターにて開催されている「美食博覧(フードエキスポ)」。28回目を迎える今年は29か国からおよそ2000もの企業・団体が出展。日本はパートナーカントリーとして位置付けられており、今回は過去最多となる338社・団体が出展しています。
download
日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催するジャパンパビリオンは、213企業・団体が出展、7年連続の出展となります。
download
華やかに、そして明るい雰囲気のジャパンパビリオンブースはひときわ目立ち、初日から多くの人々が来場。試飲、試食をしながら”アツい”商談が繰り広げられていました。主に畜産品、水産品、 調味料、日本茶青果物、日本酒、 菓子関連など種類は多岐にわたり、出展面積は1,350平方メー トル(合計150コマ)と広範囲に及びます。
download
トレード・ホール内のジャパン・ パビリオンステージで行われた
開幕式には、来港されていた齋藤健農林水産大臣が登壇。「日本の生産者の情熱や事業者の皆さんの努力の結果としてこれまでエキスポには多くの日本産の農林水産物が出展されてきた。日本食品の安全性や美味しさは世界に類をみない素晴らしいもの。魅力を味わってほしい」と述べられ、テープカッ トに参加しました。
download

download
その後の記者会見では、
前日に行われたキャリー・ラム行政長官、及びソフィア・チャン食物衛生局長との会談のなかで、日本産農林水産物・食品の輸出促進に向けた意見交換を行ったことに対しても触れ、「輸入規制については、従来が話をしているように粛々と判断してもらいたいと思っている。早期の緩和撤廃をお願いしたいと伝えている」と述べるに留まりました。
download
日本食のもつ可能性を表現―日本食材を使用した調理デモンストレーション&日本酒マッチングのセミナーなども開催。写真は中華料理の第一人者、尹達剛シェフ
download
”和食器がつくる新しい空間”を発信する日本食文化コーナーでは、香港の一流ホテルやミシュラン星レストランを担当する山口陶器による美しい器の展示や、燗付師の五嶋慎也さん(写真上・右)などによるセミナーも開催。和食器が織りなす空間や新たな楽しみ方を提案しました。
download
出展ブースで紹介されていた国産和牛。早速新たな和牛統一マークが☆
☆和牛マークの変更については過去ブログでご紹介しています☆
download
2016
年農林水産物輸出統計(農林水産省)では、 香港は輸出額全体の約4分の11,853億円(前年比3.3% 増)となり過去最大の輸出額に。さらに香港向け水産物の輸出額は世界第1位の800億円、第2位 のアメリカ(349億円)の2倍以上、牛肉においては、 米国向け輸出額の約2倍である40億円(前年比25%増) に達しており、今後の輸出の拡大がさらに期待されます。
3日前
16日、新たに「和牛統一マーク」が変わることを受け、和牛の魅力を知ってもらうための調理実演・試食も兼ねた PR セミナーが尖沙咀東のニューワールドミレニアム香港ホテルにて開催されました。
download
牛肉の中で値段も味も別格であると言われ、世界のトップシェフからも人気の高い「和牛」。日本の和牛 を世界中に正しく発信するため、2007 年より「和牛統一マーク」が制定され、本物の日本産の和牛には 「和牛統一マーク」がつけられることが義務付けられてきましたが、昨今の「和牛」を使用した、ブランド商品の濫用により価値が毀損されることを防ぐためにも新たに和牛統一マークができたもの。
download
国産和牛の紹介、現状について話をされた公益社団法人中央畜産会専務理事・強谷雅彦さん。スクリーンには新たに変更した「和牛統一マーク」。
download
株式会社ミートコンパニオン 常務取締役 植村光一郎さんによる和牛の詳しい解説が始まった時には関係者もメモをとりながら熱心に聞く姿も。
download
「和牛」とは、牛の品種に着目した区分で、日本で長い時間をかけて品種改良されてきた「黒毛和種」「褐毛和 種」「日本短角種」「無角和種」などの 4 品種と、それらの交雑種のことを指し日本国内で出生し日本国内で飼 養された牛であること、さらに、そのことを牛トレーサビリティ制度で確認できることが条件となっています。
download
国内にいるおよそ160万頭のほとんどは黒毛和種。一般的な牛肉の融点(熱を加えたときに溶ける温度)は30度ほどだが黒毛和種は約25度なんです。これが”口の中でとろける”要因にあります。
美しいサシにより生まれる柔らかな食感と口のなかで広がるジュワ~という肉汁に”和牛香”とよばれる独特の芳香…。こうした深い味わいが成すものこそ、国産和牛の魅力と素晴らしさなのです。ちなみに1グラム1300円也・・・。
download
公益社団法人中央畜産会 専務理事・強谷雅彦氏さんに話を伺いました。
download
日本から海外への輸出先はアメリカと並ぶ香港。「
香港は日本が輸出している牛肉の約1/4を占めている大事な市場。伸び率がとてもよくさらに力入れていきます。市場の供給が限られているなかで様々な部位を上手に使って美味しく食べていただきたいですね」と話されました。

会場はセミナーが終わった後も、じっくりと試食される方、関係者の方に話を聞かれる方なども多く、香港での国産和牛への関心の高さを改めて感じました。
10日前
top_image

香港旅行を決めてまずチェックするのはやっぱりホテルの宿泊料ではないでしょうか。「香港は東京以上に高いんでしょ?」と聞かれますが、いやいやそうでもないんですよ~。
すべてのホテルがそうとは限りません。
前回公開した「5万円の弾丸旅特集」
前回の記事はこちら)では5000円前後のゲストハウスをご紹介しましたが、大好評につき今回は「オシャレなのにリーズナブルなホテル」2軒ご紹介します♪
1泊5,000円~10,000円前後で休憩&宿泊可能な場所は、まだまだあります!
今後も定期的にご紹介していきますのでお楽しみに☆
香港彩り情報最新号「お洒落なのにリーズナブル!一度は泊まってみたいホテル情報Vol.1」
24日前
top_image
5万円で弾丸香港の旅ができちゃう?!
今回の香港彩り情報は、1泊2日の旅行を楽しむ「香港弾丸の旅プラン」の特集です。
日本から香港間のフライト時間はたったの約5時間。
予算が1人5万円で旅行が実現するのか?!
2人旅でのシミュレーションプランをお届けします。
物価や家賃の高騰が今も続いている香港ですが、上手くやりくりすると予算内で『美味しく、楽しく、しっかりと』楽しめる旅行が実現可能♪
今回はお土産などは含めていませんが、目安のプランとしてぜひ今後のご旅行の参考にしてくださいね!
25日前
download
26日、香港の外食大手の美心集団(マキシム・グループ)傘下にある洋菓子専門店の東海堂(アローム・ベーカリー)静岡県マスクメロンの最高級メロン「クラウンメロン」がコラボレーションした特製ケーキ「東海堂クラウンメロンケーキ・デザート」の販売を開始しました。
download
同店は日本のケーキやスイーツを販売するブランドとして、2008年にオープン、香港内で85店舗展開しています。これまでも日本産の食材を使用した商品は販売していますが、クラウンメロンは初めて。
download

download
期間限定商品はクラウンメロンのホールケーキ(小178ドル、大358ドル)やメロンクリームタルト(20ドル)、メロンロールケーキ(20ドル)など5種類。8月いっぱい販売します。
download
今回のコラボは昨年11月に東京スカイツリーで行われた「クラ ウンメロ ンの品評会」にて、東海堂代表・蘇鴻基氏と袋井市・原田秀之市長(写真下)が出会ったことにより商品が実現したもの。原田市長は今回の商品化について「メロンの食べ方の幅広がった。日本の農産物の素晴らしさをもっと世界に発信していきたい」と述べました。
download
クラウンメロンは他に台湾、マレーシア、東南アジア地域にも輸出しています。鮮度と糖度15度を維持させ、食べごろを届けるために当初は苦戦したと、静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所の中條文義支所長(写真下)は振り返ります。「海外輸出となるとどうしてもツルや表皮の劣化の進行が早くなりがち。それを抑えるための収穫のタイミングや包装方法などには試行錯誤の連続でした」。
download
現在はP-プラス」という包装を使用しています。
これはフィルムにミクロ穴加工を施す等の方法によって、酸素の透過量の調整を行い、
中身の青果物の種類、重量、流通環境等に応じた最適なフィルム透過量を設定することができるもの。野菜や果物に最適な状態にコントロールすることができ、鮮度も糖度も劣化することなく抜群のタイミングで輸出することに成功しました、
現在の
国内出荷量は、13都市に年間およそ32万ケース(1ケース6玉)ですが、海外輸出分は1万ケース。

中條さんは「海外はこれからですね。一度食べたら他のメロンとの違いをわかっていただけ価値を理解していただけると思います。今回の販売を機にさらに販路拡大を目指したい」と香港市場に期待をよせます。
download
静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所の皆さん。昨年から農業の道を歩み始めたという25歳の丹羽さん(写真上・右から2番目)は「地元に根差して世界と戦っていける作物を育てられるのは誇りに思う。これからも美味しくて上質のものをもっと作っていきたい」。
JETROxArome1
同日、日本貿易振興機構(ジェトロ)は東海堂に日本産食材サポーター店の認定証を授与しました。(写真は東海堂ヘッドマーケティング Gloria Shekさんとジェトロ香港 田中弘幸さん)
これは
農林水産省による「海外における日本産食材サポーター店の認定に関するガイドライン」で定められたもので、日本産農林水産物・食品の海外需要を拡大し輸出促進を図るため、日本産食材を積極的に使用する海外の飲食店や小売店を民間団体が自主的に日本産食材サポーター店として認定するもの。

香港では今年の6月に1号店を認定しており、今回が186店目となります。

楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図

作者:nararisa

楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図

香港在住5年目の楢橋里彩が香港での日々の出来事、発見、オモシロびっくりな話しなどを書いていきます!

7日 18 総合 753 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



nararisaさん新着記事



過去記事

nararisaさんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん
4位 香港で美人度アップの自分スタイルがみつかるBcolorfulのブログ
5位 家賃高いよ、香港生活
6位 香港でスピリチュアルライフ♪
7位 二代目家元から主婦へ(たぶんムリ♪)結婚+香港移住で第二幕開演(続)
8位 香港まだむが行く!


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録