Welcome!

楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図

202日前
香港返還20周年記念式典と第5期特区政府の就任式典に出席するため、29日に習近平・国家主席が来港しました。
download
正午に香港国際空港に到着した習主席・国家主席、右は彭麗媛夫人
download
専用機を降りたって間もなく、簡単なスピーチを行う習近平・国家主席。
習主席は9年ぶりに再び香港を訪れた喜びを示し、「あと2日たてば香港返還20周年。国家にとっても香港にとっても大きなことで、祝うべきこと」と述べました。

downloaddownload
香港各地では、イルミネーションで、7月1日の返還20周年の祝賀ムードを盛り上げています。
download download
28日付の地元紙「信報」より 

式典の会場となる湾仔・コンベンション&エキシビションセンターを含む湾仔北部一体は、厳戒体制となり29日より3日間は通行止めとなります。また地下や海からの襲撃にも備え、警備体制は最高レベルになっています。
また28日夜から湾仔北部一帯で違法駐車している車両は警告なしにレッカー移動。
ビクトリア湾上空では29日午前9時から7月1日午後6時まで、臨時飛行禁止区域が設置、ドローンなどの飛行も禁止。
また7月1日のデモ行進によりトラムは金鐘~天后/砲馬地間で運行が中止になります。
download
習主席の来港目的として
①香港特区成立20周年の成果を祝福
②過去20年、中央は香港の強力な後ろ盾となってきたが、今後もこれまで同様に香港の発展と民生改善を支える
③中央は香港各界と過去20年を振り返り、経験を総括して未来を展望し、1国2制度の穏健永続を確保する

これら3つを挙げています。

到着した29日には西九龍文化娯楽区を視察、特区政府主要高官と接見した後、夜は礼賓府での梁振英・行政長官による晩さん会に出席しました。

7月1日は、午前8時より国旗掲揚式に、9時からは湾仔・コンベンション&エキシビションセンターにて香港返還20周年記念式典ならびに、新政権発足式に出席します。

207日前
top_image
今回お届けするのは、九龍半島尖沙咀(チムサーチョイ)のフェリーターミナルの目の前にそびえたつショッピングモール「Harbour City(海港城)」。
前回特集した中環(セントラル)のショッピングモール「IFC」の対岸にあります。総面積およそ200,000㎡という香港最大のショッピングモール。広東道沿いに細長く建っています。


施設内には3つのホテル、450をこえる店舗、ミシュラン星獲得のレストランが50店舗入っています。ビクトリア湾の景観を楽しみながら、ショッピングにお食事を堪能できる最高のロケーション★
これから香港に行かれる方などは特に、過去記事とあわせてごらんくださいね♪

※前回のIFCショッピングモール特集記事はこちら

※過去記事では香港滞在中には欠かせない「オクトパスカード」「Wi-Fi」事情についてご紹介しています。あわせてご覧ください。
<オクトパスカード特集はこちら>
<Wi-Fi特集はこちら>
223日前

top_image
香港の観光・生活情報をお届けしている「香港彩り情報」
今回は地下鉄MTR香港駅や中環駅、フォーシーズンズホテルに直結しており、悪天候でもラクラク移動ができる、最高の立地の大型商業施設IFC(International Finance Centre) Mall/国際金融中心」をご紹介します!
2003年にオープンしたもので、インターナショナルな雰囲気が漂うモールにはカジュアルから高級ブランドショップ、そして宝飾店、レストラン、カフェなどなど…200以上のショップが入っています。
地下鉄「香港駅」や「フォーシーズンズホテル」にも直結しているのでラクラク移動ができます。
ウィンドーショッピングだけでも楽しい、一日かけてのんびりできる場所です☆


※過去記事では香港滞在中には欠かせない「オクトパスカード」「Wi-Fi事情」についてご紹介しています。あわせてご覧ください。

<オクトパスカード特集はこちら>
<Wi-Fi特集はこちら>



 
224日前

20170605200233_00001
天安門事件5日付「信報」
「6.4集会の参加者数は過去9年で最低:支連会(の発表)11万人、警察(の発表)1万8000人」
download
天安門事件から6月4日で28年を迎えました。この日は香港市民支援愛国民主運動連合会(支連会)が主催した犠牲者を追悼する「キャンドル集会」、通称「六四集会」が行われ、1万8000人(ピーク時の警察発表)が集まりました。
これは過去9年のなかで最低の人数となります。
減少している背景には、香港専上学生連会(学)が昨年支連会を脱退、多くの大学・専門学校の学生会が動員を拒否したことが影響しています。
さらに天安門事件について知らない若者が増えていることも要因でした。
downloaddownload
夜になっても気温は落ちず集会が開始された午後8時の時点で30度だった香港。うだるような暑さのなかで追悼集会はおよそ2時間行われました。
download
今年は、環境問題を懸念してキャンドルを使用するのはやめようという動きも目立ち、なかには携帯電話のキャンドルの写真を掲げる人の姿も。
downloaddownload
主催した民主派団体は「中国の民主化なしに、香港の民主化はない」と事件の風化に警鐘を鳴らす一方、若者の意識は薄く、会場でも高齢者の参加者が目立っていました。
download
参加した10代は「中国人として忘れてはならない」と述べてます。
来月1日に中国返還20周年を迎えるなか、香港は新たな岐路を迎えています。

236日前
20170524124843_00001
5月20日付『香港経済日報』「金融管理局が3措置で住宅ローン引き締め、住宅市場の過熱抑制」

住宅を購入できない人が増えるだけでなくバブル崩壊も懸念されています。こうしたなか、香港金融管理局(HKMA)は19日、不動産市場の過熱抑制のために再び住宅ローンの引き締め措置を打ち出しました。

措置は以下の通り
①複数の住宅ローンを申請する場合、融資比率上限を10ポイント引き下げ
②香港域外を収入源とする者の債務返済負担比率の上限を10ポイント引き下げ
③住宅ローン市場で80%あまりのシェアを占める8行の新規住宅ローンリスクウェイト下限(自己資本に対する比率)を15%から25%に引き上げ


アメリカは利上げに向かっていますが、香港住宅ローン金利は上がるどころか下がる一方で競争が激化。これに乗じて無理して住宅ローンを組む人が増え続けており、いずれ金利が上がるか、または住宅相場が下がった時にローンの支払いを負担できなくなる人が大勢でてくる可能性があります。
さらにバブル崩壊などで首が回らなくなる人が多数出てくれば社会不安をもたらすことに。引き締めはこうした事態を未然に防ぐために行われており、今回は8度目。HKMAはつい1週間前にも措置を出したばかりでした。
こうしたことから当局の危機感がさらに高まっているといえます。


楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図

作者:nararisa

楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図

香港在住5年目の楢橋里彩が香港での日々の出来事、発見、オモシロびっくりな話しなどを書いていきます!

7日 44 総合 811 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



nararisaさん新着記事



過去記事

nararisaさんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 小原隆子の長崎スタイル
4位 日本人サラリーマンの香港生活と買い物情報
5位 楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図
6位 日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド
7位 はなまる香港生活
8位 Skytrainの香港駐在日記


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録