Welcome!

どれみふぁしょニー

1年以上

今日は、午後のレッスンがお休みになったので
しょにーをつれて野菜を買いに行こう!!

と思ったのですが。
しょにー、寝てしまった、、
最近、歩くせいか、天気のせいか
本当によく寝るんです。
せっかくのお休み、起こしてでも
一緒にフェリーに乗って買い物に行こうとしたら
大雨、、

あきらめて、一人で出かけることに。
木曜日は香港島に行く日なので
どっちにしてもしょにーの食べる
野菜を、私が買いに行くことになってます。

フェリーに乗ってわざわざ野菜だけ買って
すぐ帰るのもつまんない。
ということで、ちょっと遠回りして
コーズウェイベイの図書館に行きました。
今、ジャズピアノを練習中なので
どうしても手に入れたい楽譜と、
英語の理論の本があるのです。

でもやっぱり、楽譜は図書館では見つからず、
街市に野菜を買いに行って
フェリーで帰宅。

しょにー、、、
まだ寝てた

起こして、お風呂に入れ、ご飯を食べさせ
一緒にジャスコに行き
帰って、またさんざん遊んで
ようやく寝ました。
私は、ヘッドフォンでピアノの
練習をして、これから寝ます。

明日は、お休み。
しょにーと1日、遊びます。
いいお天気になりますように、、
1年以上
今まで、レッスンはホンハムのピアノルームと
出張レッスンもしていたのですが、
来年度から、すべてのレッスンをホンハムで行うことにしました。

今、出張で行っているレッスンも、
数ヶ月前からお知らせして
じょじょに、ホンハムに来ていただくようお願いしてまいりました。
皆様にご迷惑をおかけしますが
ご理解いただきますよう、お願い致します。

やはり、一人ひとりを大切にみよう、
保護者の方ともお話ししよう、と思うと
出張レッスンであわただしく行き帰りしていると
なかなかそういう時間が作れないんですね。
ホンハムにいられると、
生徒さんと生徒さんの間を詰めすぎないで
余裕を持ってレッスンを組めますし
そうすると、練習方法をお母様と話したり
子供たちの話を聞いてあげたり、といった
余裕も出てきます。

それに何より、自分の子供と過ごせる時間も
もっと大切にしたいと思うのです。
勝手を言って申し訳ないのですが
1歳を過ぎて、話したり、笑ったり、自己主張したり、するようになったしょにー。
今日は、なんと14ヶ月を過ぎてやっと
歩きました!!!
しょにーも、ママが何を言ってるのかわかるだろうし
ママと一緒にいる時間が、いままでよりもっともっと
大切になってくるはずです。
出張レッスンに行くと、
30分のレッスンですむところが
前後1時間は余裕を持って空けないといけません
時間のロスが、とても大きいのです。

そして自分の子供はもちろん大事ですが
生徒さんも、私にとってはとてもかわいいし大切なのです。
遠くから赤ちゃんを連れてホンハムに来てくださるお母様もいて、
本当に感謝しています。
なので、
自分の子供と同様、一人ひとりのレッスンを
余裕を持ってきちんと見るためにも、
やはり出張レッスンをお断りする方向でいくしかないと思うのです。


話は変わりますが、
だいぶ前のこと、出張レッスンにいったとき。
ママはピアノのお部屋の外で待っていたのですが
その子は、ママがいないといやだと言ってぐずぐず・・
まったくレッスンは進みません
(そういう場合は、通常、ママは一緒にいてくださって構わないのですが
ご家庭の方針で、ママなしでレッスンしたいと言うことでした)

「ママのとこにいきたい~
と、椅子から下りてジタバタする坊やに、私もつい本音で

「ねえ、君もママに会いたいだろうけど
私も、私の赤ちゃんに早く会いたいのよ。
君がちゃんとやってくれなきゃ、いつまでたってもママに会えないし
私だって、私の赤ちゃんに会えないのよ。
だからさっさとやって早く終わらせれば、みんなお家に帰れて
ハッピーなんじゃないの?」

と、大人相手のように真面目に言ってみました。
すると、その男の子、なぜかちゃんと理解してくれたようで
ピアノに向かい、ちゃんと弾き始めたのです

子供って、大人の言ってることを
案外、大人が思っている以上に理解しているのかもしれません。。

少し話がそれましたが、
出張レッスンでこういうことが起こると、
やはり私もイライラ、余裕がなくなってきます。
次のホンハムで待っている生徒さんのことを考えても、
すぐに切り上げて帰らなければいけません。
本来なら余裕を持って、泣き叫ぶ子にもドーンと構えて
いられるはずが、出張レッスンだと
ああ、早くしなきゃ、ああ、子供に会いたい、と
やはり余裕がなくなってしまうのです。

そういうわけで、
これからピアノレッスンを考えておられるお母様、
レッスンはすべてホンハムのピアノルームで行います。
詳しいことは、直接お問い合わせくださいませ。

たくさんの先生が言われていることですが、
通いのレッスンの方が、おうちに先生を呼ぶよりも
子供たちの上達が全然早いです。
やはり、通って、ピアノルームで先生ときちんと向き合う状況が
子供にも、ちゃんとやらなければ、と思わせるのかもしれません。

ぜひ、レッスンに通ってくださることを
お勧めします







1年以上
おうちでのピアノの練習、
どうすればいいのでしょう・・??

そりゃ、毎日してほしいです。
1分でもいいから、ピアノに向かうなり楽譜を見るなり、
毎日してほしいです。
お家にピアノがなくても、できることはたくさんあります。

事実、毎日少しでも練習できる子と、
練習を嫌がる子の間には、どんどん差が出てきます。

とはいっても、小さい子供はなかなか練習してくれないのも、事実。
今日レッスンした生徒さんのお母さまは、
「ピアノやほかの習いごとが難しくなってきて、子供が宿題を嫌がるようになりました。
宿題をさせるのが、私の毎日の宿題でもあります」
とおっしゃっていました。
ですが、お母様が自分の宿題だと感じて
子供と一緒に頑張ってることは、子供にもきっと伝わってます。
その生徒さんは、やっぱり
毎週、どんどん上達していて、私もすごく嬉しいです

でも、忙しいお母様もいますし
家での宿題や練習が習慣になっていない子供に
練習させるのは、子供にとってもお母様にとっても、難しいと思います。

私は
「嫌がる子供には無理に練習させなくてもいいですよ」
と言うしかありません。

その結果、レッスンには嫌がらずちゃんと来るのに、
家での練習はしない子供たちがどうなってるかと言うと・・
やはり、半年経っても1年たっても、自分でちゃんと譜面が読めないんですね。
でも、レッスンは嫌がらないのです。
ちゃんとレッスンに来て、ちゃんと習って帰ります。

でも同じお月謝を頂いてるのに、
家で毎日できる子と、まったくやらない子の差は歴然で
こうなると私もどうしたものか悩むし
お母様たちも、うちの子は1年も習ってるのに
どうなってるのかしらと思いはじめます。

そこで作戦会議。
今週は、ヴァイオリニストである主人やほかの先生方にいろいろ意見を聞きました。
そうすると、
やはりみなさん、家で練習しない生徒をたくさん抱えていて
同じ悩みを持っています。
無理やり練習させるのがいいかと言う話になると
「結局、小さい子に毎日練習しろって言っても無理な話だよ。
無理に練習させて、それが嫌で音楽を嫌いになったら元も子もない。
小さい子供には音楽の楽しさを教えて、とにかく続けさせれば
5歳、6歳になった時に、自分から練習しようと言う日が来る」

という友人がいました。
果たしてそうなのか。。今、3,4歳児を多く受け持つ私としては
お母様たちに
「お家で練習させることができないなら、せめて音楽を楽しく続けられるよう
協力しますので、本人がやる気になるまで
後2年ほどは上達していなくても目をつぶってください」

と言うしかないのでしょうか?
私はやはりそうは思えないのです。
自分が教えてる子供たちには、上手になってほしいです。
レッスンが楽しいのは何よりだけど、お家での練習は不可欠です。


手拍子、音符を描く、弾く、なんでもいいです。
子供たちが自分で練習できるように、手助けしてあげてください。
お母様が、書いたり弾いたりしちゃってはいけません。
ちょっとでもいいから、自分でやらせるようにしてください。
もし、何をやらせていいかわからない、子供自身もわかっていないと言う場合は
遠慮なく相談してください。

と、ちょっと家での練習についていろいろ考えた週でした。

なぜかというと、うちの赤ん坊しょにーが、自己主張が激しくなってきて
イヤ~!! とか すぐ泣くんですよ・・

この子が大きくなって
他の先生に指導をお願いした時に、練習したくないと言ったらどうするか?
と考えてしまい、
やっぱり、お月謝を払ってるし、上手になってほしいので
私は、頑張って無理に毎日練習させると思います。
それでも嫌だと言ったら、
やっぱりいろいろ悩むし、練習方法を考えるだろうな~。
とくに、レッスンを楽しんでピアノの先生が好きだったりすると
やめさせるのはもったいないし、家でうまく練習させる方法を考えますね。

と言っても、今も、上手に練習させてるお母様たちに
「どうやったらそんなにちゃんと毎日練習させられるんですか?」
と質問しながら日々、教わってる私です・・

しょにーも、ちゃんと家で練習する子になってほしい。
自分が教えてる子供たちも、同じです。
だから、私の生徒のお母さまたちも、どうやって練習させていいかわからない場合は
ご相談ください。
私も、一緒に、精一杯考えます。

まだまだ毎日、勉強です




香港生活情報
1年以上
香港では、ピアノを習う子供たちの多くが
グレード試験を受けます。

こちらの人たちは、とくに資格を重視するし
せっかく習っているのだから、どの程度まで弾けるかという
証明書を手に入れたいという気持ちもわかります。

イギリスの資格なので
試験はすべて英語です。
簡単なグレードでも、理論と演奏と、両方をパスするには
やはりよほど集中してそのために勉強する必要があります。

今日は、日曜日で
通常ならレッスンはしませんが、特別に大学生のレッスン。
彼は、今度グレード7を受けます。
かなり、難しいテストです。
大学の卒業論文も控えていて、来年の春に行われる
グレード7のための勉強をするのは
とても、とても、大変です。
だから私も、日曜日を割いて、特別レッスンをしているわけです。。

ですが香港人、本当によく勉強します。
子供たちも、そう。
宿題も、課題も、お母さんたちがきちんと見て
いろんな習い事を毎日たくさんこなします。
全く頭が下がる・・ 香港大学のレベルが東大よりずっと高いと言うのも
うなずける話です。


音楽の世界に限って言えば、
グレード試験に受かった子が良い演奏をするとも言えないし、
いい演奏家になるとも限りません。

でも、グレード試験を一つの目標にして
レッスンに通うのも、いいことではあると思います。

子供たちにグレード試験を受けさせたいと考えているお母様、
ぜひご相談くださいね。

香港生活情報
1年以上
今日は、めずらしくレッスン帰りのバスで
これを書いています。
香港も寒くなってきたせいか
体調を崩し、1日グズグズと調子の悪い一日でした。

午前中リハーサル、
帰ってベッドで横になり、3歳のレッスン
また部屋に戻りベッドで休んで
4歳のレッスン、そのあとは出張レッスンで
今、帰宅中という具合。

調子は悪かったけど
子供たちに元気をもらった一日でした。

今日の素敵な生徒さんは、
「先生、カッコイイ音だよ!」
と低い音をバーンと弾き
高い音をやっぱり可愛い音、といいながら
たくさん弾いてくれました。
そして
「カッコイイ方も、私は好き!」
と言ってくれました

私は、そうね、先生もかっこいいの好きよ、
と言いながら一緒に低い音を弾きましたが
とっても嬉しかったんです。
だって、小さい女の子
低い音を、怖い、とかキライ、ってよく
言うんですが
私は、コントラバス弾きなので
低い音もかっこいいよね、なんて
言ってくれたおちびちゃんに
とっても元気をもらいました。

単純、、
でも、子供と接するには
単純なぐらいがちょうどいいのです。
小さい子供に学ぶことって
本当にいっぱいある。

まだまだ毎日、発見の連続です

どれみふぁしょニー

作者:seanie-haha

どれみふぁしょニー

香港で子育てしながら音楽を教えています。
毎日が、発見の連続です♪

7日 24 総合 1127 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



seanie-hahaさん新着記事

病院〜..
251日前

続けること..
1年以上

発表会!..
1年以上



過去記事

seanie-hahaさんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 鴛鴦茶餐廳 いんよんちゃ~ちゃんてぃん
4位 香港で美人度アップの自分スタイルがみつかるBcolorfulのブログ
5位 家賃高いよ、香港生活
6位 香港でスピリチュアルライフ♪
7位 二代目家元から主婦へ(たぶんムリ♪)結婚+香港移住で第二幕開演(続)
8位 香港まだむが行く!


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録