Welcome!

どれみふぁしょニー

1年以上
おうちでのピアノの練習、
どうすればいいのでしょう・・??

そりゃ、毎日してほしいです。
1分でもいいから、ピアノに向かうなり楽譜を見るなり、
毎日してほしいです。
お家にピアノがなくても、できることはたくさんあります。

事実、毎日少しでも練習できる子と、
練習を嫌がる子の間には、どんどん差が出てきます。

とはいっても、小さい子供はなかなか練習してくれないのも、事実。
今日レッスンした生徒さんのお母さまは、
「ピアノやほかの習いごとが難しくなってきて、子供が宿題を嫌がるようになりました。
宿題をさせるのが、私の毎日の宿題でもあります」
とおっしゃっていました。
ですが、お母様が自分の宿題だと感じて
子供と一緒に頑張ってることは、子供にもきっと伝わってます。
その生徒さんは、やっぱり
毎週、どんどん上達していて、私もすごく嬉しいです

でも、忙しいお母様もいますし
家での宿題や練習が習慣になっていない子供に
練習させるのは、子供にとってもお母様にとっても、難しいと思います。

私は
「嫌がる子供には無理に練習させなくてもいいですよ」
と言うしかありません。

その結果、レッスンには嫌がらずちゃんと来るのに、
家での練習はしない子供たちがどうなってるかと言うと・・
やはり、半年経っても1年たっても、自分でちゃんと譜面が読めないんですね。
でも、レッスンは嫌がらないのです。
ちゃんとレッスンに来て、ちゃんと習って帰ります。

でも同じお月謝を頂いてるのに、
家で毎日できる子と、まったくやらない子の差は歴然で
こうなると私もどうしたものか悩むし
お母様たちも、うちの子は1年も習ってるのに
どうなってるのかしらと思いはじめます。

そこで作戦会議。
今週は、ヴァイオリニストである主人やほかの先生方にいろいろ意見を聞きました。
そうすると、
やはりみなさん、家で練習しない生徒をたくさん抱えていて
同じ悩みを持っています。
無理やり練習させるのがいいかと言う話になると
「結局、小さい子に毎日練習しろって言っても無理な話だよ。
無理に練習させて、それが嫌で音楽を嫌いになったら元も子もない。
小さい子供には音楽の楽しさを教えて、とにかく続けさせれば
5歳、6歳になった時に、自分から練習しようと言う日が来る」

という友人がいました。
果たしてそうなのか。。今、3,4歳児を多く受け持つ私としては
お母様たちに
「お家で練習させることができないなら、せめて音楽を楽しく続けられるよう
協力しますので、本人がやる気になるまで
後2年ほどは上達していなくても目をつぶってください」

と言うしかないのでしょうか?
私はやはりそうは思えないのです。
自分が教えてる子供たちには、上手になってほしいです。
レッスンが楽しいのは何よりだけど、お家での練習は不可欠です。


手拍子、音符を描く、弾く、なんでもいいです。
子供たちが自分で練習できるように、手助けしてあげてください。
お母様が、書いたり弾いたりしちゃってはいけません。
ちょっとでもいいから、自分でやらせるようにしてください。
もし、何をやらせていいかわからない、子供自身もわかっていないと言う場合は
遠慮なく相談してください。

と、ちょっと家での練習についていろいろ考えた週でした。

なぜかというと、うちの赤ん坊しょにーが、自己主張が激しくなってきて
イヤ~!! とか すぐ泣くんですよ・・

この子が大きくなって
他の先生に指導をお願いした時に、練習したくないと言ったらどうするか?
と考えてしまい、
やっぱり、お月謝を払ってるし、上手になってほしいので
私は、頑張って無理に毎日練習させると思います。
それでも嫌だと言ったら、
やっぱりいろいろ悩むし、練習方法を考えるだろうな~。
とくに、レッスンを楽しんでピアノの先生が好きだったりすると
やめさせるのはもったいないし、家でうまく練習させる方法を考えますね。

と言っても、今も、上手に練習させてるお母様たちに
「どうやったらそんなにちゃんと毎日練習させられるんですか?」
と質問しながら日々、教わってる私です・・

しょにーも、ちゃんと家で練習する子になってほしい。
自分が教えてる子供たちも、同じです。
だから、私の生徒のお母さまたちも、どうやって練習させていいかわからない場合は
ご相談ください。
私も、一緒に、精一杯考えます。

まだまだ毎日、勉強です




香港生活情報
1年以上
香港では、ピアノを習う子供たちの多くが
グレード試験を受けます。

こちらの人たちは、とくに資格を重視するし
せっかく習っているのだから、どの程度まで弾けるかという
証明書を手に入れたいという気持ちもわかります。

イギリスの資格なので
試験はすべて英語です。
簡単なグレードでも、理論と演奏と、両方をパスするには
やはりよほど集中してそのために勉強する必要があります。

今日は、日曜日で
通常ならレッスンはしませんが、特別に大学生のレッスン。
彼は、今度グレード7を受けます。
かなり、難しいテストです。
大学の卒業論文も控えていて、来年の春に行われる
グレード7のための勉強をするのは
とても、とても、大変です。
だから私も、日曜日を割いて、特別レッスンをしているわけです。。

ですが香港人、本当によく勉強します。
子供たちも、そう。
宿題も、課題も、お母さんたちがきちんと見て
いろんな習い事を毎日たくさんこなします。
全く頭が下がる・・ 香港大学のレベルが東大よりずっと高いと言うのも
うなずける話です。


音楽の世界に限って言えば、
グレード試験に受かった子が良い演奏をするとも言えないし、
いい演奏家になるとも限りません。

でも、グレード試験を一つの目標にして
レッスンに通うのも、いいことではあると思います。

子供たちにグレード試験を受けさせたいと考えているお母様、
ぜひご相談くださいね。

香港生活情報
1年以上
今日は、めずらしくレッスン帰りのバスで
これを書いています。
香港も寒くなってきたせいか
体調を崩し、1日グズグズと調子の悪い一日でした。

午前中リハーサル、
帰ってベッドで横になり、3歳のレッスン
また部屋に戻りベッドで休んで
4歳のレッスン、そのあとは出張レッスンで
今、帰宅中という具合。

調子は悪かったけど
子供たちに元気をもらった一日でした。

今日の素敵な生徒さんは、
「先生、カッコイイ音だよ!」
と低い音をバーンと弾き
高い音をやっぱり可愛い音、といいながら
たくさん弾いてくれました。
そして
「カッコイイ方も、私は好き!」
と言ってくれました

私は、そうね、先生もかっこいいの好きよ、
と言いながら一緒に低い音を弾きましたが
とっても嬉しかったんです。
だって、小さい女の子
低い音を、怖い、とかキライ、ってよく
言うんですが
私は、コントラバス弾きなので
低い音もかっこいいよね、なんて
言ってくれたおちびちゃんに
とっても元気をもらいました。

単純、、
でも、子供と接するには
単純なぐらいがちょうどいいのです。
小さい子供に学ぶことって
本当にいっぱいある。

まだまだ毎日、発見の連続です
1年以上
ものすごく!! 長い間、ブログを書かないまま
間が空いてしまいました・・

もう11月。びっくりです。
夏の間、フランスに行き、香港に戻ってソロを弾いて、
またソロを弾いて、今度はカナダに行き、
香港に戻ってシティホールでコンサート中にダンスまで披露して・・

うちの赤ん坊、しょにーは1歳を迎えました。
1歳の誕生日に、仕事でカナダに発つことになり
昼間は家族でお祝いをして、おいおい泣きながら空港に向かいました
無事帰ってこれて、2週間ぶりに会うしょにーは
ますます可愛くなっていて、もう少しでも時間があるとべったり一緒にいます

自分のことのほかにも、ピアノレッスンでは
新しい生徒さんも、ずいぶんレッスンに慣れてきました。

嬉しいですね。
やっぱり慣れてくると、レッスン中に子供の方からいろいろおしゃべりしてくれて
こちらも楽しく会話しながら、レッスンできるしね。

とはいっても、やはりおしゃべりが止まらない子供や
遊んでしまってなかなかレッスンにならない子供もいます
先生と仲良くなると、それなりに、嬉しいんですね。

先日は、やはりおしゃべりの止まらない女の子のレッスンで、
困ってしまい、ちょっとコワい声になってみて
「いつになったら聞かせてくれるんですかぁ。レッスン終わっちゃうよ」
と言ってみました。
そしたらその女の子、ちっとも私の話など聞かず
「先生!こわ~い音、だしてあげる!」
と言って、ピアノの一番低い鍵盤をバーンと長い音でたたきました。

「それはいいから、早く次のページの・・」となおも言いかける私を
さらに無視し

「先生!それからね、ちょ~っとずつ、かわいくなるの。」
と言って、一音ずつ、ゆっくりと高い音を弾いていき、
そしてだんだん早くなり、
「ここが一番きらきらしてるの!」
と、一番高い音をスタッカートでたくさんたたき始めました。

私は、とってもびっくりしました。
低い音は、長くゆっくり、高い音は、短く早く弾き
コワい、カワイイ、というイメージをちゃんと持ってる彼女。
レッスンしていて嬉しいのって、こういう時です。
ちゃんと曲が弾けなくても、
明確なイメージを持っていて、自分でその音を出せるって、すごいです。

ヴァイオリニストの主人に話すと、
「プロの音楽家でも技術だけはあっても心のない演奏する人が多いのに、
彼女は素敵だね」
と言っていました。

そのあとの彼女のレッスンは、
弾きながら歌い、残り5分でも、とっても充実した気分で
レッスンを終えました。
お歌も、とっても上手です。

ピアノレッスンは、ピアノの技術だけではありません。
こうやって、ピアノを通じて、音楽の楽しさや
自分なりのイメージを表現できるようになることが
なにより、大事なことです。

先生である私も、そういったことを心にいつもとめて
子供たちに大きな心で接しよう、と改めて思わされた
11月の1週目でした。

さあ 今年も残りわずか・・
レッスンも、自分の練習も、悔いのないよう、最後までしっかりとね!

そして、もうすぐ1歳2カ月になるしょにー・・
今年中に歩けるようになるのかな

1年以上
chilin

昨日は、午前中お休みだったので
家族でダイヤモンド・ヒルと言うところまで出かけました。
ほんとは、ハイキングに行きたかったんだけど雨が降りそうで・・

主人が前から行きたがっていた、
Chi Lin nennery とその前にある大きな庭園に行きました。

MTRの駅からもすぐで、 とても静かな、素敵な場所でした。
やはり外国人観光客が多かったなぁ。
香港には、こういう静かな庭や公園も、結構あるのです。

特に入園料等もいらないし、
の~んびりするにはとてもいい場所。
ママさんたちも気分転換に行ってみてはどうでしょうか
香港生活情報

どれみふぁしょニー

作者:seanie-haha

どれみふぁしょニー

香港で子育てしながら音楽を教えています。
毎日が、発見の連続です♪

7日 47 総合 1107 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



seanie-hahaさん新着記事

続けること..
1年以上

発表会!..
1年以上

誕生日..
1年以上



過去記事

seanie-hahaさんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 家賃高いよ、香港生活
4位 二代目家元から主婦へ(たぶんムリ♪)結婚+香港移住で第二幕開演(続)
5位 Love Life 香港!
6位 マニアック香港
7位 転勤妻のOKIRAKU海外生活 IN 香港
8位 # 拝啓 摩天楼の狭間より


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録