Welcome!

マニアック香港

159日前

海外旅行のときに便利な定額制海外レンタルWiFiサービス。いろいろな会社が価格競争をしているわけですが、今回その中の一つグローバルWiFiを通常よりお得に申し込む方法を入手したので紹介しておこうと思います。

グローバルWiFiの申込画面を見ていると・・・

クーポン番号をお持ちの方のみご入力ください、とある。
クーポン番号とか言われると、これは何やらキャンペーンみたいなのでオトクなのではと思うわけですよ。で、探してみたところクーポンとは別にお得になる方法を入手しました。

割引内容は以下の通り

  • 受取手数料540円が無料
  • トータル金額からさらに5%OFF

となかなか充実した割引内容です。
使い方は簡単。クーポン番号の入力などは不要で下記リンクからグローバルWiFiに移動するだけとなっています。

すると・・・

こんなバナーが表示されて自動的に割引が適用されるようになるようです。
クーポンコードを調べたり入力したりする必要もないので便利ですね~

グローバルWiFiの利用を検討中の方はキャンペーンお適用をお忘れなく!

226日前

ちょっと前から深センでも利用可能になった摩拜単車。
自転車版Uberとか言われて話題になっているのですが、個人的にはどこがUberなんだろうという気もするのですが、これが素晴らしく便利なので久しぶりに記事を書いちゃおうと思った次第で(笑)

で、摩拜単車。
一体何なのかというと単純にレンタサイクルです。レンタサイクルなのですが何が凄いって街のあちこちに摩拜単車専用自転車が適当においてあって、後述するアプリを利用して勝手に乗っていっていい。で、使い終わったらそのまま道に放置していいってのがポイント。

従来のレンタサイクルは、専用の駐輪スタンドがあって、借りるときと返すときは駐輪スタンドまで歩く必要があったのですが、摩拜単車は自分の家の下まで乗ってきてそのまま放置していいというのが超便利!

こんな風に街に適当に止まってます。
え?これを使っていいの?と躊躇しますが鍵がかかっている状態で止まっているものは誰が使ってもOKです。(ただし、後述するように予約で抑えられている場合もあります)

摩拜単車への登録方法

摩拜単車を利用するにはまずスマホに専用アプリをダウンロードして会員登録する必要があります。ちなみに摩拜単車の利用にあたっては、微信支付(Wechat Pay)もしくは支付宝(Alipay)のアカウントが必要です。どちらかさえ持っていれば居住証のない外国人でも利用可能です。

ダウンロードするとまず最初に電話番号を利用しての会員登録が必要です。
Mobileと書かれた欄に電話番号を入力し、その下にある「PIN SMS」を書かれた場所を押すと確認コードが記載されたSMSがが届きますので、その番号をPIN欄に入力します。

電話番号の登録ができたらデポジット(299元)の入金。
このデポジットは摩拜単車に保証金として預けるもので、使わなくなったら返金してもらうことが可能です。また、この299元は利用料には使えないので利用料は別途後ほど入金します。

デポジットの入金画面では微信支付(Wechat Pay)もしくは支付宝(Alipay)を選択する形になるので、どちらかを選んで「Top-up Account」と書かれたボタンをクリックします。

続いて身分証明書の登録。
中国のIDカードを持っている場合はそれでOKですが、外国人の場合はパスポートの登録が必要です。中国の会社にパスポートのコピーを提出するのはアレなきもしますが、いまさら気にしても仕方ないので(笑)

パスポートでの登録には名前、パスポート番号、国籍の入力の他に、「パスポートを持った状態で自分の顔が写っている写真」と「パスポートで自分の写真があるページのアップ」の2枚の写真が必要です。

それぞれそれっぽい画像の部分をクリックするとカメラアプリが立ち上がるので撮影します。ここで場合によってはカメラへのアクセスを求めるメッセージが表示されますが、今後もカメラは必要なのでOKしておきます。

これらの情報を送信し摩拜単車側で内容の確認がされるのを待ちます。確認には少々時間がかかるので事前にアプリをダウンロードしておいたほうがいいかと思います。

で、確認が済んだらOK的な内容のSMSが来るのでこれで登録は完了となります。

利用料金のチャージ方法

先程299元払いましたがこちらはあくまでもデポジットで、利用にあたっては別途お金をチャージする必要があります。

チャージの仕方は、まずアプリを開いて左上にある「三」みたいなところをクリック。
個人設定みたいな画面が開くので、My Walletと書かれた部分を更にクリックします。

すると現在の残金表示画面に。
上記の写真は入金済みなので20元と出ていますが最初は0元になっており、このままでは利用できないため下部にある「Top-up your account」と書かれた場所をクリックします。

続いて入金額選択画面になるので好きな金額を選んで、「Top-up account」ボタンを押せばOK。

これで利用の準備が完了しました。

摩拜単車の利用方法

準備ができれていれば摩拜単車の利用は超簡単。

街角にこんな感じで止まっている自転車のところに行き。

アプリ画面の「Unlock」と書かれた部分をクリックして自転車についているQRコードを読み込めばOK。あとは支払いOKできな画面が出るのでOkすれば鍵があいてすぐに走り出すことができます。

この手軽さ。
メチャ新しい時代の到来を感じます。

自転車は使いたいけど目につくところに置いていないという場合もあるかと思うのですが、その場合はアプリを開くとこんな感じで近くにある貸出可能な自転車が表示されます。

これで地図を頼りに近くの自転車まで歩いていけばOK。

また、せっかく歩いていったのにすでに他に人に使われてしまったというがっかりを防止するために予約機能もついてます。上記地図で使いたい自転車を決めて赤いアイコンをクリックすると「Reserve」と書かれたボタンが表示され予約が可能に。

予約した自転車は15分間他の人が使えなくなるので、時間内に行けばOK。

返却方法と利用料金

摩拜単車には返却は必要ありません。
自分のいきたい場所まで乗っていってついたら鍵を閉めればOK。この鍵を閉めるという動作で返却扱いになり、使い始めてから鍵を閉めるまでの時間で利用料金が計算されます。

利用料金は30分1元
今のレートだと15円くらいなので恐るべき安さです。

しかも目的地まで行って置いてある時間(鍵をしめてある時間)は利用料金がかからないのでメチャリーズナブルに使えます。これは中国の街にたくさんいるバイクタクシーの商売が全滅するのではないかと心配するレベル。

利用料金は先程入金した分から自動的に差し引かれますので、入金分がなくなったらまた入れればOK。

これはものすごいサービスだ!

ということで使い方を説明してみましたが、実際に使ってみるとその便利さにちょっとした感動を覚えます。これまで地下鉄を降りて歩いていたちょっとした距離を手軽に自転車を借りてらくらく移動できるのは凄い!

しかも30分1元と激安。

超便利なので日本でもどこかの会社でやってくれないものだろうか・・・
まぁ、日本の場合、放置自転車問題になりそうなので無理な気もしますが・・・(実際、中国でも摩拜単車が放置自転車として撤去されると行ったトラブルも起こっている)

専用自転車がまたよく出来てる。

タイヤは中までゴムが詰まったノーパンク仕樣でパンクや空気圧不足などのトラブルをなくしている他、シャフトドライブやコースターブレーキを使うなど壊れやすい部分をできるだけ少なくしています。

街に適当に止めている方法でメンテ面が大丈夫なのか?と思ったのですが、自転車の方も専用品を開発してその辺の不安を解消しています。

唯一の欠点としてはサドルの高さが調整できないことくらいかな・・・
あとは、人が少ないところに行ったらもちろん自転車がおいてないということも考えられますが、アプリ上から行き先の地図を表示して自転車の状況を事前i確認することも可能なので無いにしても心の準備が可能(笑)

いずれにしても超便利なサービスなので中国によく行く方は登録してみると面白いと思いますよ~

1年以上

VPNへの規制が厳しくなっている昨今・・・
当サイトでも先日から無料VPNサーバーを公開し始めたところですが、正直言っていつまで無事に稼働するのやらって感じですよ。ほんとに。

中国在住の日本人向けに有料でやっている業者も次々にサーバーが規制されてやれやれって感じなわけですが、とにかく僕はインターネット中毒でありネットが規制された生活なんて耐えられないわけです。

そんな今日このごろですがVPNとは違う技術で中国の金楯(グレートファイアーウォール)の規制を突破し、VPNを上回る速度が魅力ってことで評判なのがBlueSurfaceです。

BlueSurfaceの仕組みってどうなっているの?

VPNは正式にはVirtual Private Networkといい、その名の通りインターネット上に仮想の専用回線を設けるという技術です。その専用回線を暗号化して通信することで金楯(グレートファイアーウォール)の規制を突破しているわけですね。

が、しかし。
VPNでは通信に利用するポート番号が基本的に固定されており、金楯(グレートファイアーウォール)側としてはVPNに使用されるポートの通信を遮断することで割りと簡単にVPN通信を規制することが可能です。

中国政府の気分次第でVPNが簡単に止められちゃうのはこのせい。

で、BlueSurfaceですがVPNとは根本的に違う方法で接続している模様です。
BlueSurfaceで使われているのはSSHポートフォワー ディングという通信方式。インターネット上に仮想のトンネルを設けるという概念はVPNと同じですが、SSHポートフォワー ディングではSSHという暗号通信技術を利用して仮想トンネルを作成します。

この方式ではVPNとは異なり通信に使用するポート番号を自由に変更できるため、秘密の通信トンネルを設定していることがバレにくく、またバレてもポート番号を変更して接続しなおせば規制を回避できたりするらしいです。

(大雑把に書きましたが細かいところが間違ってたらすいません。。。)

まぁ、ややこしい話はアレとして中国のインタネット規制を突破するVPNとは全く別の方法があるってのは心強いです。VPNが全滅してもBlueSurfaceが使えるかもと思うと安心(笑)

BlueSurfaceの使い方

BlueSurfaceは一般的なVPNと違ってややこしい設定等はほとんど必要ありません。接続専用のブラウザをダウンロードしてIDとパスワードを設定すればすぐに使えるというお気軽さ♪

「ホントに使えるんかいな?」
と誰もが思うわけで、BlueSurfaceでは1周間お無料お試し期間が用意されています。これで気に入ればその後有料プランを申し込んでねって感じですね~

トライアルへの登録は名前とメールアドレスだけでOK。
最初からクレジットカード番号等を登録しなくていいってのはありがたい。

申し込みが完了してしばらく待っているとIDとパスワードがメールで送られてくるので、それまでの間に接続用ソフトをダウンロードして待ち構えていましょう。

接続ソフトのインストールは上記リンク先からダウンロードしたファイルをダブルクリックし、あとは案内に従って進めていくだけです。特に難しい設定等はありません。

インストールが終わるとデスクトップ上にBlueSurfaceというアイコンが作成されるのでコレをダブルクリック。

するとログインIDとパスワードを入力する画面が表示されるので、ここにメールで送られてきたIDとパスワードを入力。毎回入れるのが面倒なときは「ログインIDとパスワードを保存する」にチェックを入れておきましょう。

BlueSurfaceの接続サーバーは日本、香港、シンガポールにあります。
もし、ゲームをやったり日本限定のサイトやコンテンツを見るために日本のIPアドレスが必要な場合は、この画面でオプションをクリックし、接続先の中継サーバーで「日本」を選んでおくといいかと思います

ログインボタンを押してしばらく待つと、BlueSurfaceブラウザが立ち上がって接続完了。これだけでGoogleやYoutube、フェイスブック、ツイッターなど中国では見れないサイトが普通に見れるようになります。

超簡単♪

デメリットは?

簡単に中国のネット規制を突破できるBlueSurfaceですが、特殊な接続方法を用いている関係でいくつか不便な点があります。

1.専用ブラウザ意外では使えない
BlueSurfaceは上記でダウンロードした専用ブラウザでのみ接続可能です。このためインターネットエクスプローラーやGoogle Chromeなどの普段使っているブラウザやSkypeやその他のダウンロードソフトなどでは規制を回避することができません。

もっとも、Skypeなどは最初から規制されていないので問題ありませんが。
もちろん、艦これなどのブラウザゲームは問題なく可能です。

また、この点は欠点であるとともに後述するようにメリットだったりもします。

2.iPhoneでは普通のVPN接続、アンドロイド携帯では使えない
コレは結構困った問題で、現状アンドロイド携帯ではBlueSurfaceを使うことができません。またiPhoneでは接続はできますが通常のVPN接続となってしまうためBlueSurfaceのメリットを享受することができません。

メリットは?

BlueSurfaceでは専用ブラウザソフトを利用した時だけ金楯(グレートファイアーウォール)を突破します。コレは逆に言うとその他のソフトを使えば通常の「中国内のインターネット環境になっている」ということになります。

中国でネットを使われている方はわかると思うのですが、VPNを通して中国のサイトを見ると極端に表示が遅くなり、海外サイトを見るときにVPNをつけて、中国サイトを見るときに切るという作業は思いのほか面倒だったりします。

で、BlueSurfaceの場合はコレが不要。
海外サイトはBlueSurfaceブラウザで見て、中国サイトはその他のブラウザで見れば、両方を行ったり来たりしながらネットを見てもほぼストレスがありません。

実際使うとかなりノーストレスになることがわかります。

通信速度はどうなの?

速いです。
僕は今、自分用に立てた「お一人様専用VPNサーバー」を使っておりコレがかなり快適なのですが、BlueSurfaceでのブラウジングはこれに匹敵するものがあります。

また、なにげに快適なのが自動接続機能。

VPNでは使っているうちにいつの間にか回線が切れてしまいイライラすること度々なのですが、BlueSurfaceでは接続が切れた場合でもソフト内で自動再接続しておいてくれるため回線の接続を意識する必要がありません。

回線速度が速いこととあいまって体感的に「速い」!

料金プランは?

BlueSurfaceでは出張などに便利な8日間(420円)から、駐在時に便利な180日間(6,050円)まで多彩な料金プランが用意されています。

1ヶ月で1,320円、180日間利用の場合で1ヶ月1,000円と他のVPN業者よりちょっと高め(中国のフリーペーパーに載っている100元とかの業者よりは安いけどw)でしょうか。

ただし回線速度が速いのはお金には代えがたいメリットなので、数百円の違いであれば上乗せする価値はあると思います。

と、実はもう一つ料金的なメリットが。
BlueSurfaceでは1アカウントに対して接続数が制限されていません。一般的なVPN業者では1アカウント1接続、多いところでも3接続となっているので家庭内で複数端末を使いたい場合は結果的にBlueSurfaceが安くなったりもします。

全体的な評判はどうなの?

なんといっても速くて快適!
普段は主にPCでインターネットを利用して、外出先でスマホを使う際には当サイトの無料VPNサーバーを含めて他の接続方法を用意できるなら非常に快適かと思います。

接続方式が違うだけで、これだけ違うかと!

あと、途中にも書いたとおり中国のサイトと外国のサイトを平行して快適な速度で見れるのはかなり便利です。

僕の個人的な意見は、長期滞在するならVPNは2業者契約がいいと思うのですが、1本はBlueSurfaceにしておくとパソコンでのネットが快適、外出先ではもう一つのVPN業者って感じにすればOKではないかと。

BlueSurfaceは無料体験期間があるので、まずは試してみてはいかがでしょう?

1年以上

中国在住者の必携アイテムでもあるVPNサーバー。
中国の金盾(グレートファイアーウォール)を突破し、フェイスブックやツイッター、YouTubeなどが見れるほか、その他の国からでもVPNサーバーを通すことで日本限定のサービスが使えちゃったりする便利な子です。

で、VPNサーバーは通常月額1,000円くらいで有料サービスなのですが、実は作ろうと思うとそれほど難しくなくて自分でも作れちゃうらしい。。。で、作ってみたら思いのほか快適だったりして、これはちょっと面白いのでいっそのこと無料で公開しちゃおう!と思いついた次第です(笑)

お願いと注意事項

とりあえず今の段階では僕しか使ってないので他の有料業者様と互角以上に快適ですが、いずれ利用される方が増えたらだんだん速度が遅くなるかと思います。そのへんは無料VPNサーバーの宿命ってことでご容赦を。

あと、接続方法などについても基本的にノーサポートです。
VPNの接続方法はユーザー名やパスワードなどの内容が違うだけでどこの会社でも基本的に同じです。他の有料業者様がわかりやすい接続方法の説明を用意してくれているのでそちらをご参照ください(笑)

そしていつまで続くかもわかりません。。。
特に中国からの接続は中国政府に規制されたら一発でアウトなので・・・。その時にサーバーを増強できるかどうかは諸々の状況によりますが、ダメだった時は静かにサービス停止になるかと。

最後に禁止事項
当サーバーを利用してファイル共有などの回線に負荷のかかる行為及び違法行為、他の方に迷惑のかかることは一切禁止です。サーバーの接続ログは全て保管しておりますので、万が一違法行為が発見された場合は警察などへ通報及び情報提供いたします。

当サーバーの安全性について

僕個人としては情報を抜いたりしてません(笑)
というか、そんな高度な技術を持ち合わせていません。。。

それを信用するかは利用者の皆様次第です。誰がやっているかわからない無料VPNサーバーの安全度はそんなものだと思いますのでそのへんはご理解の上、利用してください。

もちろん、サーバーは安全に使えるようにしているつもりですが、万が一、当サーバーを利用して何らかの損害があった場合でも一切責任は取れませんのでご理解くださいませ。

ということで、後半はいろいろごちゃごちゃ書きましたが、よかったら試してみてくださいませ♪

1年以上

なんか4月に入ってから海外からのニコニコ動画へのアクセスが制限されているとか。もともとアニメなど一部のコンテンツは海外から視聴できなかったわけですが、今回はニコニコ動画のサイト自体につながらないようで、ツイッターにニコ動ファンの悲鳴が轟いているのを目撃しました(涙)

実際、有料会員とかだったらめちゃがっかりですからね、これ。
ニコ動から事前予告もなかったみたいだし。

ってことで、今回のアクセス出来ない問題を解決する方法を紹介します。

VPNを使えば一発OK!

細かい説明は省きますが、VPNという仕組みを使って接続先情報を現地から日本へ置き換えることで速攻で視聴が可能になります。

ある日突然こんなふうになって途方に暮れていた方も・・・

今までどおり、というか日本にいるのと同じ環境でニコニコ動画にアクセス可能になります。

VPNは中国のインターネット規制を突破するために使っているひとが多いですが、実は海外在住の日本人にとっては日本と同じ環境でネットを利用できる便利な方法だったりもします。

上記リンクのように、ニコ動の他にも日本国内でしか使えないサービスが多数利用できますしね~。

無料期間を活用しよう!

VPNには無料のところから有料のところまで色いろあるのですが、旅行や出張などの短期間ならVPN GATEなどの無料サービスや、一部の会社がやっている無料体験期間を活用すれば幸せになれます。

海外在住で長期にわたって利用されるなら、回線速度・安定度などからお金を払って継続利用するのがいいかとおもいます。僕も最初VPN GATEを使っていましたが、なんだかんだで不便なことが多いので、今はセカイVPNと月餅VPNの二本立てで状況によってHideMyASSを追加という感じで対応しています。

中国からのアクセスにはいろいろ面倒がい多いので複数契約していますが、それ以外の国から制限を突破するだけならどこか一社と契約すればいいかと思います。

下記2社では無料体験期間があります

じつはコスパ最強なのはHideMyASSですが、こちらは海外業者なので英語OKの方はこちらもいいかと~。

マニアック香港

作者:ina

マニアック香港

香港駐在の管理人が有名な観光地からマニアックなディープスポットまで香港の魅力を紹介しちゃうブログです

7日 36 総合 429 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



inaさん新着記事



過去記事

inaさんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 Love Life 香港!
4位 家賃高いよ、香港生活
5位 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記
6位 香港の隠れ家サロン ベネッセンス
7位 Am-am-ho   ちょうどいいって心地いい
8位 転勤妻のOKIRAKU海外生活 IN 香港


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録