Welcome!

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

23時間前

● 新しいコトに取り組む時に、考えたいコト

horse

これから、新しいコトに取り組む人は多いでしょう。

年度末→新年度。



期間が限定されている事、
その期間に対して、取り組む事が大きいような
気がする時。


そういう時は、ペース配分の計画を立てましょう。


必要期間を、およそ半分~3分の2くらいで、
全てに手がつけられている状態にする。


その期間で、全てに手をつけて
大きく把握できた状態にするためには、
どうしたらいいか?

と、更に細かいペースで 取りかかる事を
グループ分けしていく。


例えば、1~2週間で何をどこまでやる。

と決める。


必要期間の半分で、これが全て出来ているのがベター。

これはあくまで計画なので、実行していく間に
病気だ何だと、実際に取り組めない日も
出てくるから。


だけど、決して無理だと想像付くような
計画は立てない。

この、細かく配分を決めていく時に、
無理が予想されるということは、
それをやり遂げるのは難しいということ。

それでも、絶対にやり遂げたい、と
強く思うなら、強固な意志をもって DO IT !!!だ。



ただ、これから取り組もうとしていることを見て

「出来るかなぁ?」

と漠然と不安~って思っていても、
どうにもならない。


だけど、細かく配分を考えていけば、

「あ!出来るじゃん!」

と思えるよ。


さぁ、もしあなたが今、何か新しいコトや
今までよりも大きなコトに取り組もうとしているなら、
是非、ペース配分を考えてみると、良いかもしれませんよ。




お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

昨日

● 表情を作る前に、知っておくべき事

1403266

「16分5連符+16分5連符+16分6連符+(普通に)16分音符四つ」

つまり、4分の4拍子で、各拍ごとに入る音数が異なります。

→「5」「5」「6」「4」 となります。


でも、各拍の長さが変わるわけじゃ、ありません。

うん、ここはオーケストラはお休みだから、
もちろん、ルバートしても、いいの。


だけどね


何が重要かと言うと、


ルバートしていても、それが、

「拍や音価」を「わかった上でのルバートか?」

という事です。


ルバートするにしても、
まずは、正しい音価を知っておく事です。


ルバートなしに弾くと、こうなる!
 を、わかっていなければならない。


これ、めちゃ大事。重要。

なんとなく、弾かない。



一拍の音数が増えていく時は、まだいいの。


だけれど、増えていった後に減る時は、
 すごーく危険です。


あのね、「歩くエスカレーター」ってあるでしょ。

つまり、高さが殆ど変わらないエスカレーターみたいなものよね。

よく、空港にありますね。


あれ、歩かないでそのまま乗っててもいいけれど、
歩いちゃう人、多いですよね。
 そういう私は、絶対に!歩きます。


その歩くエスカレーター。
歩いていった先、エスカレーター?がなくなったところで、
降りるでしょ。

すると、それまで歩いていた速度は
エスカレーターの動きの上で、更に前へ行ってたので、
降りた瞬間、「おっとっと!」ってなりますよね。

だって、もう降りたそこの床は動いていなくて
自分が動いているだけだから。


そんな感覚ですよ。


聴いている方は、「あれ?おっとっと!」って
なっちゃうのよ。


だから、最初によーく気をつけて
読み込みましょうね。







お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

昨日

● 本当に心が動くモノを、選ぶ

IMG_7552.PNG

自分を大事にする

自分を労わる


自分の事なのに、
それをするのは、易しい事じゃ、なかった。

多分、そういう人は多いんじゃないかしら?



自分を大事にするってね、

どう「決断」するか?って事もあると思う。



私たちは毎日、自分自身に
数え切れないほどの「質問」をしている。


朝起きたところから

「ウェ〜ん、今日、何着よう?」

「ランチ、何食べよう?」

「夕飯、何にしよう?」

「今日はお天気がいいから、寝具を洗濯する?」


「今日は、何を重点的に練習しようか?」


「ブログ、何書こう?」  とかね。


例えばランチ。

何を食べようか迷っても、

お腹すいたから、

今 食べないと、もう食べる時間ないから、

だから、何でもいいや、食べちゃえ!?



例えば、新しいペンが必要で買いに行って、

いまいちパッとしないんだけど、

ま、いっかこれで・・・って買っちゃう?


そういえば、なんかシャツ欲しい。

うーん、あまりトキメカないけど、

シンプルで使えるから、これでいっか。
 とりあえず、これ、買っとくか ?



とか、その「とりあえず」で買っちゃうの、やめよ。



私の場合は、今はないけれど、

1年前くらいまで、すぐ目につくところに
(外に出たら必ず通る近所に)
コンビニがあって・・・

すると、なんか誘われて入ってしまう。

すると、なんか、チョコのアイスが呼んでる気がして、
買っちゃう。

だって好きなんだもん。


だけど、

「その時、本当にそれが欲しかった(食べたかった)」

 わけじゃ、ないんだよね。


本当にその時、心が動くモノ、
心が欲するものだけを、選びたい。


心が動かないなら、「今はノーサンキュー」で。


本当に心が喜ぶものを選んでいくと、

本当に心が喜ぶんだから(笑)、

いつも、喜びで満たされるんだよね。



口に入れるものも、「好き」を優先して、
自分の味覚や体を喜びで満たしたい、って思うこの頃。





お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆☆☆

香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

2日前
● おべんとおべんと、うれしいなー♪

IMG_7550.PNG

※ 今日は奏法の記事は、お休みです。


今日はオフの予定でしたが、急遽振替レッスンが入りました。

3月半ばから4月半ばまで、各種学校が相次いで春休み
(イースター・ホリデー)、

そのお休みに入る時期もズレているので、
この期間のレッスンは、かなりイレギュラーというか、
フレキシブルというか。


おうちにピアノがやってきてから、
「吸収力」が加速しているKくん。


宿題は、ちょっと難しい、
音がスキップする(三度音程の)フレーズが
ありましたが、

やっぱり、お家で練習出来ると、
笑顔で弾けるようになります♪ ルン♪


と言うわけで、次の課題「おべんとう」も、

リズムの練習をしたら、
自ら弾き始めました。

やっぱり音がスキップする所があるけれど、
もう、お手のもの、のようです。

譜読みと、指への連動が、
だいぶ、しっくりしてきましたね。


さぁ、譜読みをしたら、ご褒美の「おべんとう」です!

IMG_7551.PNG

子供の想像力って、面白いなぁ、と思う。

このお弁当を見て、

「白いご飯にゴマ振って梅干しで、
 (以下お弁当箱の右側、下から)
 ウィンナーにコロッケに、
 プチトマトに花型の人参に、
 卵焼きと焼きそば」

と思うのは、大人(私)。


Kくんは、

「(何味かわからないけど)青いご飯に、

 チョコパンにブルーチョコレートのパンに、
 トマトにストロベリークッキーに、
 ロールパンにサーモン」

  だそうです。


おべんとおべんと、うれしいなー♪

ちなみにKくんは、シャケのオニギリのお弁当が
大好きだそうです。


おべんとおべんと、うれしいなー♪

この曲を(画像の曲じゃなくて、
幼稚園で歌う「お弁当の歌」)
レッスンしてた、幼稚園の先生を思い出しました。

今もどこかの幼稚園で
子供たちと歌ってるかな?
元気にしてるかな?




お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
2日前

● 心がついていかない時は、進まない

140325

やりたいと思って始めたコトでも、

  時に、心がついていかない時もある。


そういう時は、
「ちょっと待って!考え直して!」というサイン。


きっとそれは、何かが違うの。

そもそも、求めているコトそのものが
 違うのかもしれない。
(変わったのかもしれない)


求めているコトに変わりはなくても、
その方法(手段)が、違うのかもしれない。


何にしろ、心が動かない時、
ついていかない時は、
脳も身体もついていけないのだから、
それ以上は進まない。


ちょっと立ち止まってね。

 考えよう。

一度、やめてしまおう。



心がついていかない時は、前には進まない。





お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆

香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

作者:荒井千裕

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

ピアニストでピアノ教師、が綴るピアノ・レッスン記、練習や演奏会での動画配信。

7日 1147 総合 5912 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



荒井千裕さん新着記事



過去記事

荒井千裕さんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド
4位 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記
5位 家賃高いよ、香港生活
6位 香港でスピリチュアルライフ♪
7位 香港ローカル密着型情報~香港120%満喫
8位 ★ hatena channel in Hong Kong ★


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録