Welcome!

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

78日前
● バッハ「インヴェンション第6番」

170703

バッハ様の「インヴェンション」録画2周目、
今日は第6番BWV777 ホ長調です。

まさに掛け合いで、追いかけるように
動いていく、リズミカルで楽しい曲。


子供って、ジャンプするの、
好きじゃありませんか?

無意識だと思うのだけれど、
幼稚園〜小学生(3〜4年生くらいまでかしら)を
見ていると、
よくジャンプしている(というか、跳ねてる)。

あと、街中でも、突然走り出したり、
しますよね?

そんな感じ。
気まぐれに、ポンポンって跳ねたりするのだけど、
突然思いもよらぬ方へ走っていったり、
戻ってきたり、
また跳ねたり。

子供達って、何ででも遊べるし、
何ででも楽しめるし、
突然スゴイ発想するし、
本当に、見ていて面白い。


私も、努めてその時の感性だけで
弾いてみました。





ワクワクしちゃうバッハ講座は、こちらですよ♪

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
78日前

● 新しい事に取り組む前に、古い事に区切りを!

IMG_8700.PNG

常に、幾つかの事を同時に進める

というのは、珍しいコトではないだろう。

目の前のプロジェクトに全力を注ぎながら、
次のプロジェクトも進めて行く。


間近のイベント(発表会・コンクールなど)に、
全力を注ぎながら、その次のイベントの
準備を始める。


こんな日常の中、一つだけ、
気を付けたい事がある。


それが、

新しい事に取り組む前に、古い事に区切りをつける!

という事。

新しい事を始めると、気持ちもエネルギーも、
そちらに大きく傾きます。

すると、それまで心血注いできたものが、
中途半端な結果になる危険が
グン!と増します。

それまでは、一生懸命やってきたのに!


勿体無いです。
残念です。


そう ならないようにするために、
新しい事に取り組む時は、
それまで やってきた事に、
ある程度の区切りを、目処をつけよう。

段取りをつけよう!



さぁ、新しい週の始まりです。
7月最初の週です。

夏休み前に区切りをつけておきたい事、
楽しんで参りましょう!



新学期を迎える前に、体験レッスンは如何ですか?

夏休み中、香港にいらっしゃる方の単発レッスンもどうぞ
(香港在住の方でもモチロン!)

東京でのレッスン、お日にち限定ですが、
体をうまく使って、ラクに弾けるようになりたい方、
是非どうぞ!





お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆

香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

79日前

● バッハ「インヴェンション第5番」

1707022

バッハ様の「インヴェンション」録画2周目、
今日は第5番BWV776 変ホ長調です。

前回録画した時は、かなりオチャメに
ハジけた弾き方をしていたと、思います。

今回は、努めて「その時の感覚」を優先して
弾いています。

この曲を弾いた時は、
心の中に、静かな波が、
日が出るかどうか、くらいの
静かな空のもと、
静かな波が寄せては引いて、
その「寄せて」くるタイミングが一つのフレーズ、
「引いて」いくタイミングが、次の一つのフレーズ、
という感覚でした。

だけど、どうも観ていますと、
時々沈みそう(笑)。




何をどう感じるか?
感じ方一つで、色んな事が変わってきますね。



8月5日(土)7日(月)、東京でのレッスン
遠慮なくお問合せ下さい。
少し、お席ございます。
こちらのページに詳細がございます。



バッハの事、もっと知りたくありませんか?

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

79日前
● 夏休みに、体験レッスンは如何ですか?

170702

香港では、インターナショナル・スクールは
夏休みに入りました。

香港日本人学校は、8月いっぱいのお休みとなります。

インターナショナル・スクールは、学校によって
お休みの期間が違います。
8月半ばから新年度が始まる(香港は9月始まり)
学校もあれば、
9月に入ってから新年度が始まる学校も。
日本人学校は9月から新学期です。

7月と8月は、とってもイレギュラーな
レッスン・スケジュールになる香港教室です。



新学期(新年度)に合わせて、7〜8月に香港に
お引っ越ししていらっしゃるご家族もおられるでしょう。

また、春にお引っ越ししていらして、
生活が一段落した今、そろそろお稽古ごとを、
とお考えの方もおられるでしょう。


さぁ、この夏のうちに、体験レッスンは如何でしょうか?

香港教室のレッスンについては、
こちらのページに詳細を載せております。

是非、ご覧下さい。
そして、遠慮なくお問合せ下さいね。






蒸し暑い日が続きますが、
暑さに負けず!水分を欠かさず!
楽しんで参りましょう!






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
79日前
● 何言ってんだよ○ーカ!を手放す

IMG_8694.PNG

考え方・捉え方・行い方・言葉の使い方などに
気をつけてはいても、

人様の行い・発言を目の当たりにして、
心のなかでつい、

 何言ってんだよバーカ!

って言っちゃってること、ありませんか?


そりゃ、ココロの中で言ってしまったって、
しょうがないよね。
つい、本心でそう思ってしまった、ってコト。

言葉にして発するか、
心のなかにしまっておくか、
 という違いだけ。

だと思ってたんだけども。


だって人間だものー。
仙人じゃないものー。


ただ。
客観的になって、

心のなかでは「バーカ」って思ってるのに、
ニコニコして、「素敵〜〜!」とか「すごいわ〜!さすがね!」
とか言っちゃってる自分って、どう?

最悪に気持ち悪い。
性根ワル!


言葉に出さないだけ、まだマシだと思うけれど、
そうやって「バーカ」って思っちゃってるなら、
もう、「素敵」とか言うのって、
絶対ウソでしょ。
なら、言わなきゃいいのよね。


それに。

自分がそうやって、ココロの中で
「バカじゃね?」
と思ってるのに、口では良いこと並べてるってのは、
自分も同じようにされてるってコトじゃない?

人様は鏡の法則。


バカじゃね?とか
何言ってんだよバーカ!

って、ムッとするのは、
自分のイヤな所を見たような気がしたから。

それを認めたくないから、
その場、心の中であっても、
他人を非難することで、
自分を優位に立たせようとして、
気持ちのバランスを取ろうとしてるだけ。だと思う。

 うーわ。こうやって書いてみたら、
 どんだけ気持ち悪い人なんだ。


もう、「何言ってんだよバーカ」なんて、
そんな気持ち悪いこと、思うのやめよ。

心の中で、言いそうになったら、

いや待てよ。
自分もそういうとこ、あるんじゃない?

って考えてみよ。



あらら、こんな事 思ってたからかしら?
お空もどんよりしてきました。


どんよりなら、どんよりなりに。
今日出来ることを、楽しみましょ。


いつも、ありがとうございます〜!
今日もワクワクの1日を☆



◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com





◆ 荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内
1709032
 荒井千裕ピアノ・リサイタル
 ピアノでワクワクの旅

 開催日時:9月3日(日)14時〜
 場所:代々木の森リブロホール

 チケット一般:4,000円
  中・高校生:3,000円
  小学生以下:2,000円
 ご予約受付中です!





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

作者:荒井千裕

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

ピアニストでピアノ教師、が綴るピアノ・レッスン記、練習や演奏会での動画配信。

7日 1234 総合 6217 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



荒井千裕さん新着記事



過去記事

荒井千裕さんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
2位 香港マイタン日記
3位 楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図
4位 Comments for 香港適当相談室
5位 おごじょ日記★in香港
6位 二代目家元から主婦へ(たぶんムリ♪)結婚+香港移住で第二幕開演(続)
7位 yoga shanti hongkong
8位 家賃高いよ、香港生活


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録