Welcome!

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

2日前

● 保持音があっても、回転させる

IMG_8164.PNG

この画像の左手のように、
拍頭の音を保持しながら
続く音を弾いて行く時。

そんな時も、腕の回転を使いたいです。

保持音の場合、

「押さえておかなきゃ」と思ってしまうと、

打鍵したら、落ちたままになりやすいでしょう。

落ちたまま=鍵盤にしがみついてしまう

 =無意識で引っ張ってしまう。
  固まってしまう。



画像に「⤴︎」の書き込みがありますが、
今思うと、逆ですね。
「⤵︎」です。

打鍵したら上げて回して行くよ、こうやってね・・・

 と生徒ちゃんに説明して体感してもらった時に
 書き込んだのです。

でも、保持する音の打鍵で立ち上がって、
時計回りに回転させながら弾いていくので、
視覚的には「⤵︎」ですね。

って、文章で説明するのは難しいです。
ややこしくて、ごめんなさい。



どちらにせよ、打鍵で落とし切らない。
動きは止めない。
腕のしなやかな回転を使って
まるでそのついでのように
弾いて行くと、
音も綺麗だし、腕もラクですよ。

(相応しくない表現があったら、ごめんなさい)




◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

3日前
● 体に、手を当てるのは、愛だね

IMG_8233.PNG

レイキを しむ先生から伝授して頂いたのは、
もう一昨年のコト。

なかなか実践会に伺えないのですが
(レッスン時間と重なってしまって)

レイキは毎日、使っています。


朝起きた時から、寝る時まで、
自分自身にするだけじゃなく、
食べ物や植物や、
亀さん達にレイキを送っています。


朝、目をつぶって、目頭に
てのひらを当てると、
目玉全部が、じんわりと暖かくなって、
起きがけの、ぼやや〜んな視界が、
すっきりする。
ちょっと、視力が上がる感じ。


お肉も柔らかく、美味しくなります♪



体に手を当てていて、感じたのは、

「あ〜、これって、”愛”だなぁ」って。


子供がお腹が痛い〜と辛そうにしていれば、
お母さんは、子供のお腹に手を当てて、

「痛いの痛いの、飛んでけ〜!」

って、やりますよね。
昔から、ある。

自分が子供だった時も、
自分が親になって子供にしていた時も、

何の違和感も疑いもなく、
普通にやっていました。


あの頃、「レイキ」とか「氣」のコトは
殆ど知らなかったけれど、

でも、「てのひら」は、
「何か悪いもの」を吸い取って、
外に飛ばすんだ、と、
無意識で感じていたように、思う。


「これ(氣)が良いから」じゃなくて、

もう、「母の愛」だったと思う。

痛いの、本当に飛んでいくような気が、
したもの。


めっちゃ真面目に、やってた。

「もう少しで、飛んでくよ〜!」って(笑)。


自分に手を当てる時も、

自分の体を労わる「愛」。

いつも、頑張って動いていてくれて、
ありがとう、ってね。


生きているのが当たり前ではないように、
自分の体が今日も動いているのは
(動いている、と言う自覚がなくても)
当たり前じゃ、ないでしょ。

痛みが出るのはSOSだし。

愛を持って、手を当てる。



モノに対しても、同じ。

今日も弾かせてね。
いつも、ありがとうね。

と声をかけて、綺麗に拭いてから、
ピアノを弾く。



パソコンも、うんと頑張って動いていてくれる。

時々、熱くなるよね。
手を当ててびっくりしちゃうもの。

あぁ、こんなになるまで酷使しちゃって
ごめんね。
いつも動いてくれるから、助かってるよ。
ありがとうね。



靴を仕舞う時も、
いつもお外で、
アメニモマケズ
カゼニモマケズ
犬のフンにも負けず

 頑張ってくれて、ありがとう。


全てに、ありがとう。
手を当てて、
手を添えて、
愛を持って労ろう。

お陰様、なのだから。



しむ先生の記事です。







◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com






お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆

香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
3日前

● 抜く音・入って行く音

IMG_8160.PNG

左手で紡いできたのと同じ音を、
右手で取る。

バトンを渡すのだろうか?


同じ鍵盤を弾く音だけれど、
左手は、「終わる音」=「抜く音」。

右手は、「始まる音」=「入って行く音」だ。


それなら、意味は違うし、
方向も違うし、
音の厚みや色や、
タイミングや、
温かさや
深さや
速さや
・・・・・

色んなものが違ってくるだろう。


同じ鍵盤を打鍵するからと言って、
違う音にならないわけじゃ、ない。

意識改革は、いつでも必要だ。



◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

4日前
● 未来は、この瞬間の決断と行動で創られる

IMG_8229.PNG

楽観的になる
楽観的でいる

と言うのは、
いつも、アッけらか〜んとしてる
いつも、笑ってる

 とか、表面的なコトだけじゃ、ないのですね。


だって、日々、いろんなコトがありますもの。
いつもいつも、楽観的でいられるとは限りません。
いつもヘラヘラしていられるわけじゃ、ありません。



じゃ、何かと言うと、

それは何か、信じられるものを
持っているからじゃ、ないかな?
 と思うのです。


それは何か?と言うと、

「自分を信じる」ではないかと。


自分を信じるっていうのは、
自分を認めるコトが出来て、
信じられるようになる。
信じられる部分が出てくる。
自分を好きになれるトコロが、ある。
自分を好きになれる。
自分を大事にできる。
自分を労わるコトが出来る。


自分は、自分の人生を生きるのだから、
まさに「ありのままの自分」を認めて、
それでいいよ、と言ってあげて、
労わって大事にして、
そういう風に出来る と

もう、楽観的でいられるようになる
 と、思う。

だから、決して、何も深く考えない、
とか、悩まない、とか、そういうコトじゃない。


ただ、自分なりの信念があるから、
楽観主義でいられる。



だから、この瞬間に
自分が何を決断して、
それを行動に移すかどうか?

迷わないんだろうな、
躊躇しないで動いていけるんだろうな、

と思います。


だから、楽観的な人は、
動きが早いから、
どんどん、人生が動いていく。
いろんな未来を自分で創っていける。


未来は想像したらやってくるものではなく、
今、決断して行動に移すから、
創られるもの。



わかっていても、なかなかねぇ・・・

 じゃ、なくて。


ほら、今、決断して動いたらワクワクの未来が訪れるん!

ワクワクが倍増しちゃう!


つい先日も、どなたかがお話ししてました。


「後悔するのは、行動した結果が思うようにいかないコトじゃない。

 行動しなかった、と言うコトだ。」



行動して思うようにいかなかったら、
次、修正すればいい。

でも、行動しなかったら、
何も、動かない。1ミリも、動かないよね。



未来は、この瞬間の決断と行動で創られる!




◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com






お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
4日前

● 跳ねた後に伸ばす音の、扱い方

IMG_8225.PNG

「ミドソッ ミドソッ」と、
  軽快に跳ねる。

「シッレッ」も軽快。

ところが、続く「れ」は4分音符で、
スタッカートはありませんね。


ここは「跳ねない」と、気をつけられるのですが、
「跳ねなければ」良いのでしょうか?


それまではスタッカートで、
離鍵を「上へ」と言う意識で弾いてきたので、

「跳ねない」となると、
「下へ」と、疑わず。
無意識で弾いてしまいがちな、危険なトコロです。



打鍵したら、そこはトランポリンだ!

  と、思ってみて♪

だから、跳ねてしまうわけじゃないけれど、
指先から手首から腕全体を
しなやかに立ち上がらせてみてご覧。


音を聴いて。

ほら、音が立ち上がって行ったでしょ?


聴いたら、わかるよね。
忘れないでね。

どっちの音が、好き?
どっちの音が、いい?
どっちの音が、素敵?


跳ねた後に伸ばす音の、扱い方には、
十分に気をつけましょうね。



◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座
1708062 チェンバロから考える
 バッハ・ピアノ奏法の可能性
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜

 講師:末次克史先生
 開催日時:8月6日(日)13時〜
 場所:スタジオ・ピオティータ
 受講費:5,000円
 ご予約・お問い合わせ受付中!
 荒井がメールで承ります。
 chihirohk@gmail.com





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

作者:荒井千裕

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

ピアニストでピアノ教師、が綴るピアノ・レッスン記、練習や演奏会での動画配信。

7日 1443 総合 6009 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



荒井千裕さん新着記事



過去記事

荒井千裕さんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 楢橋里彩 オフィシャルブログ|彩り亜細亜地図
4位 香港案内屋  
5位 Hong Kong より 愛をこめて
6位 DiNOMEN
7位 ChinaLoop
8位 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録