Welcome!

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

9日前

● 助け人とは、自分を編集してくれる人

IMG_7461.PNG

夢や目標を叶えるために、

願うだけじゃ難しいなら、助けを求める、と、
いうのが昨日のメッセージでした。


今朝のメッセージは、昨日と繋がっています。


助けを求めるとか、助けてもらう、

というコト自体に抵抗がある人も、います。



だから、今日このメッセージなんだ、と理解。


助けてくれる人、というのは、

自分がやっているコトを

編集、校訂してくれる人だと思えばいい。


助け人は、何気ない一言で

知恵を(アドバイスを)授けてくれるのかもしれない。



それを受け入れるコトが出来れば、

大きな変化を伴って、飛び立てるだろう。



今日も、空を見上げて(わー、すっかり夏の空色・・・)

元気と希望と勇気をもらっちゃおう!




お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆


香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

10日前

● ナザレー「フォン・フォン!」

IMG_7457.PNG

3月20日は、ブラジルの作曲家、
エルネスト・ナザレーの誕生日です。
(1863-1934)


「ブラジル風ショパン」、と呼ばれているそうですが。


楽しくて、暴走してしまいました。

ナザレー「フォン・フォン!」







お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

10日前

● 願うのが難しいなら、助けを求めよう

IMG_5743.JPG

望む世界が、既に叶っている状況を
思い浮かべて願うと、

現実に叶うのは早い。

 と言われる。


でも、「既に叶っている状況」を想像するのは、

難しい場合も、あると思う。



だって、「こうなりたい」という状況は、

「今は、そうはなっていない」状況を踏まえているから。


「こうなりたい」ものに近い状況を
経験した事がないと、それを映像として
思い浮かべるのは、易しくない。



だったら、助けを求めたらいい。


助けを求めて、願ってみたらいい。

「こんなこと言ったら・・・」

なんて、思わなくていい。


意外と、すんなり事が運んだり、するのだから。


願うのが難しかったら、助けを求めてみよう!





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

11日前

● 半音での動きを大事にする

1403115


8分音符の動きに注目してみましょう。

半音ずつの動きになっていますね。


その動きは、どんな感じがするかしら?
その響きから、どんなモノを想像できるかしら?
どんな雰囲気かしら?


その動きから感じるモノを、大事にしてね。
その動きを、見逃さないで。
その動きを、味わってね。


半音程の動きというのは、
「不安」を与えるもの。

「不安」な気持ちを、表しているのかも、しれないね。


どんな風に想像しても、いいのよ。
自分で感じることを、大事にしてね。



もしかしたら、
とっても狭い道を、
ぶつからないように、
気をつけて通り抜けるような、
そんな感じかも、しれないね。




それぞれの打鍵をしていく中で、

黒鍵の打鍵に、意識を強く置いてご覧。


白鍵と黒鍵の打鍵を、異なる感覚で、してみましょ。


黒鍵の打鍵に、意識を強く置いてみましょ。


半音での動きの時は、ちょっと大事に感じてね。





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

11日前

● 価値観を、相手に押し付けない

IMG_7441.PNG

意図している、いないに関わらず、
結果的に人を傷つけている事の一つに、

価値観(の相違の押し付け)が、ある。



自分の思いを主張、或いは語る時に、

その真逆の事を発言している人がいた、
というのがあると、もやもやする。


でも、どっちもどっち。


あれ?もしかして、自分、否定された?

 と感じれば、

全てはマイナスに動く(ように感じられる)。



でも、受け手側である自分が
そう思わなければ、

全然違う方へ、流していける事かもしれない。



万が一にも、受け手の「わたし」が感じたのと
同じ”マイナス要素”的に、
「お相手がそれを発していた」としても、
やはり、受け手側の「受け取り方次第」だ。

だから「被害者意識」が生まれる。



でもね、被害者意識だけが
全てを生み出すわけじゃない。

マイナス意識を受け取った側と同じように、
お相手が、そのエネルギーを発したのかも、しれない。


そんなの、当人にしか、わからないことです。


だけどそんなこと、突き詰めても、何にもならない。

時間と労力、エネルギーの無駄遣いだものね。




  でも、気になって仕方ないんだよー!
  ってのは、人として、普通の感情だよね。



一番良いのは、関わらないこと。

 捨て置く。



だってね、負の要素を
「けしかけてきた」(かもしれない)相手こそが、

一番、それが跳ね返ってくる事を、恐れているのだから。



だから、同じ土俵に、立たない。



そして、「わたし」も、

「わたし自身の、狭い見識」を、全てだ、
 と過信しないことです。



「世界は、わたしを中心として回っている」

のは、嘘ではないけれど、

それを、他人に押し付けると、

途端にそれは、嘘になる

  かもしれない。


だから、価値観を、相手に押し付けない。




お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆


香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

作者:荒井千裕

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

ピアニストでピアノ教師、が綴るピアノ・レッスン記、練習や演奏会での動画配信。

7日 1147 総合 5912 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



荒井千裕さん新着記事



過去記事

荒井千裕さんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド
4位 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記
5位 家賃高いよ、香港生活
6位 香港でスピリチュアルライフ♪
7位 香港ローカル密着型情報~香港120%満喫
8位 ★ hatena channel in Hong Kong ★


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録