Welcome!

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

20日前

● 音を「聴く」とは、どういうコトだろうか?

IMG_7377.PNG

週に2回、月曜と木曜の朝に、メールマガジンを発行しています


お陰様で、800名の方にご登録頂き、
記事の内容に共感頂けたり、
参考になったーとか、
メンタルのお悩み相談とか、

メッセージをいっぱい頂きます。

偉そうに思われると困っちゃうのですが、
基本的に、お返事はしません。
だから、お返事は期待しないで下さい、と書いています。


どうしてかというと、お返事出来ない内容のコトが多いからです。

メッセージを下さる「あなたさま」の事を、私は知らない事の方が多くて。


奏法や呼吸法については、文章だけで伝えるのは
限界があります。

それを承知で、参考になれば、というか、
元々は、私の生徒さん達の、レッスンの補強のつもりで
始めたメールマガジンです。


だから、リアルでレッスンをしない方々には、
本当に、参考になることがあるなら、どうぞ、
というスタンスです。


心のお悩み相談については、本当に申し訳ないけれど、
お返事出来ません。

私、それはお仕事じゃ、ないからです。
私、あなた様の先生では、ないからです。



さて、そんな中でも、もちろん、絶対お返事をしないわけではなく。

「共感したから、ブログに書きたい」

とかいう、「お伺い」には、お返事します。


小室典子先生が、記事にして下さいました。
ありがとうございます!

新しいご縁を頂けて、とても嬉しいです。






ちなみに、そのメルマガの記事全文は、
こちらで読めます





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

20日前
● 最重要目標とは何だろう?

IMG_7375.PNG

昨日、元生徒ちゃんに会って、

彼女が夢中になっているコトについて、

いっぱい話を聞いて、思った。


私にとっての「最重要目標」って、何なんだろう?



いつも、目の前のコト、今年のコト、

と言う、短いスパンのコトだけを見ているような気がする。


いわゆる、「木を見て森を見ず」状態。


あらら〜。大きく捉えていたつもりが、

全然、小さい小さい。


はて、私はどこに行きたいのだろう?


じっくり見据えて、
じっくり向き合って、
焦らず、自分を知る時  なのかも。



気付きをありがとう。





お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆


香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
21日前
● 会いに来てくれて、ありがとう

IMG_7373.PNG

今日は奏法のお話は、お休みします。


今日はね、元生徒ちゃんが会いに来てくれたのです。


4年前?までの2年半くらい、レッスンに来てくれていました。

Yちゃんはその後、帰国になり、
今は北海道の大学生です。

今年を迎えた頃、Yちゃんから、元気なメールが届きました。


「3月に香港に行きます!
 会いたいです!」

と言うわけで、今日、朝からうちに来てもらいました。

午前中は二人でいっぱいピアノで遊んで。


一緒に弾いた、モーツァルトの「二台ピアノのためのソナタ」や、

ベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」、

初見でモーツァルトのソナタの連弾を二つと、

ブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」とか。



あと、大学生になる前に習った、と言う

ベートーヴェンの「月光ソナタ」を全楽章、

聴かせてもらって。



Yちゃんのピアノは、ちょっと特徴がある。

久しぶりに聴かせてもらえて、一緒に弾けて、とても嬉しい時間でした。


ありがとうね♪



それからランチに二人で「蛇スープ定食」を食べに。

Yちゃんも私も蛇料理が大好きなのです♪



お腹いっぱいになったら、その後は二人でお寺を訪れて、お線香をあげて。


市場巡りして。


いっぱい、話を聞いて、いっぱい歩いて。


Yちゃんが、何にワクワクして一生懸命勉強しているのかがわかって、

素敵だなぁ、と思った。


いい子だなぁ。


上の写真は、Yちゃんからのお土産。

こんな、心遣い、とても嬉しい。ありがとう。



最後に、思い出の発表会からちょっとだけ。

2013年の3月2日のものです。





幸せな時間でした。
Yちゃん、ありがとうね!
すごーく離れてるけど、また会おうね!





今日はYちゃんとずっと過ごして、
Yちゃんと別れてから、レッスンだったので、

お返事が滞ってます。
ちょっとお時間下さいね。





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
21日前
● 負荷をかけていく

IMG_7367.PNG

時々、自分に負荷をかけてみる。


いつもと同じペースで
同じようにやっていたら、

この先、出来るコト、出来る種類、
出来る量は、見えてくる。
限界が見えてくる。


限界は、取り払うコトが出来るよね。



昨日、「一つでも多くやりたい!」

と言った大人の生徒さん。


一つでも多くやろうと思ったら、

今より少し多く、自分に負荷をかけるコトだ。


彼女は期限を決めた。



期限を決めると、絶対その日までには出来る。

日数のように、「数字」は、分かりやすい目標だ。



決めなかったら、いつ仕上がるか、わからないものね。



発表の場があれば、そこに向かっていける。

だけど、発表の場が1年に1回しかないとすれば、

ひょっとしたら1年に一曲しか出来ないコトもある。


それは悪いことでは、ない。


ただ、一つでも多く当たりたい、と思うなら、だ。


或いは、仕上げる(譜読みする)スピードを上げたいと思うなら、だ。




私も、負荷をかけていく。


 かけられない時も、あるからね。
 出来る時だから、やる。





お読み下さり、ありがとうございました。
今日も、ワクワクの1日を☆


香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。
22日前

● 音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう

IMG_7358.PNG

「どーーーしーどー しーふぁーふぁーー」

と、シンプルながら美しい歌が「繋がっている」事は、わかっている。



わかってるのよね。


だけど、弾くとね、繋がってないの、切れちゃうの。



「どーーーしーどー し」「ファッファー」ってね。


普通に考える(感じる)と、

「どーーーしーどー しーふぁーふぁー」で、

だけど、気をつけて弾かないと

「どーーーしーどー しーふぁ」「ッファー」って

なっちゃうケースが、多そう。



でも、

「どーーーしーどー し」「ファッファー」って、

なっちゃうのは、どうしてだと思う?



それは、その歌と共に、内声で弾く音があるからよ。


’しーふぁーふぁーー」の「し」の時、「ファ」も同時に打鍵します。

(楽譜画像参照)



そこが和音になる上に、その次に弾く音が、

またしても「ファ」だからでしょうか。



でもね、「ファとシ」を和音として弾いたら、

次の「ファ」を打鍵するまで、「シ」を弾いている指を、

離鍵しなければいいの。

つまり、「ファとシ」を和音として弾いている時、

下の音「ファ」を、若干早めに離鍵して、

次の「ファ」打鍵に向けて行けば、いい。



気の使い方、耳の使い方、聴き方次第で変わります。

変えられます。


最後まで、よく聴こう!





お読み下さり、ありがとうございました。
香港在住ピアニストdeピアノ講師の荒井千裕でした。


**ピアノ・レッスンをご希望の方へ**

香港教室・東京レッスンをご希望の方はメールでお問い合わせください♪
chihiro@chihiropiano.com 荒井千裕まで。


**メールマガジン配信中**

月・木曜日の朝に配信しています。 奏法・精神面や呼吸のコントロール法などをお送りしています。
メールマガジンに興味のある方は、こちらからご登録ください
もちろん無料です。


**電子書籍**
練習法や講師挨拶文例などの電子書籍はこちらです。

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

作者:荒井千裕

荒井千裕*ピアノの音の綴り方

ピアニストでピアノ教師、が綴るピアノ・レッスン記、練習や演奏会での動画配信。

7日 1147 総合 5912 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



荒井千裕さん新着記事



過去記事

荒井千裕さんへの新着コメント




香港ブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 香港マイタン日記
2位 荒井千裕*ピアノの音の綴り方
3位 日本人のためのエグゼクティブMBA(EMBA)ガイド
4位 したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記
5位 家賃高いよ、香港生活
6位 香港でスピリチュアルライフ♪
7位 香港ローカル密着型情報~香港120%満喫
8位 ★ hatena channel in Hong Kong ★


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?香港でのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録